ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. サポート・ダウンロード
  3. サポート情報
  4. サポート情報 [ PCサーバ ]
  5. リモートマネジメント拡張ライセンス (Advanced) [N8115-33] 評価用ライセンスキー
ここから本文です。

リモートマネジメント拡張ライセンス (Advanced) [N8115-33] 評価用ライセンスキー

=========================================================================================================
リモートマネジメント拡張ライセンス (Advanced) [N8115-33] 評価用ライセンスキー
=========================================================================================================
【ソ フ ト 名】  リモートマネジメント拡張ライセンス (Advanced) 評価用ライセンスキー
【登  録  名 】  iLO_Advanced_Trial.zip
【対 応 機 種】  Express5800サーバでiLO 5搭載機種
【対象ユーザ 】  下記[対象ユーザ]参照
【ソフト種別 】  ライセンスキー
【作 成 方 法】  ZIP圧縮形式
=========================================================================================================


【ソフトの紹介】
リモートマネジメント拡張ライセンス (Advanced) [N8115-33] 評価用ライセンスキー(以下、「本ライセンスキー」
といいます。)は、リモートマネジメント拡張ライセンス (Advanced) [N8115-33] で提供される下記機能を評価目的
で60日間無償で使用できるiLO用ライセンスキーです。

・統合リモートコンソール(IRC)
・最大6人のサーバー管理者によりIRC経由でのグローバルチームコラボレーション
・IRC経由でのビデオの録画および再生
・統合リモートコンソール経由での仮想メディア
・スクリプト方式仮想メディア
・仮想シリアルポートの録画および再生
・SSH経由でのテキストベースのリモートコンソール
・Emailアラート
・リモートSyslog
・アドバンスド電源管理(電力グラフ、動的消費電力上限設定) ※
・ディレクトリサービス認証機能(Active Directory、OpenLDAP)
・Two-Factor認証(Kerberos認証)
・iLO連携管理

※本体装置によっては、サポートされていないことがあります。

本ライセンスキーは、一台の本体装置につき一度しか適用することができません。


【対象ユーザ】
iLO5搭載のExpressサーバをご使用中で、新規にリモートマネジメント拡張ライセンス (Advanced) [N8115-33]の
購入を検討中のお客様。


【評価用ソフトウェアのご使用条件】
日本電気株式会社(以下「弊社」といいます。)では、評価用ソフトウェア製品(以下、「許諾プログラム」といい
ます。) の日本国内で使用する権利を下記条項に基づきお客様に許諾し、お客様も下記条項にご同意いただくもの
とします。
本使用条件を充分にお読みください。本使用条件にご同意いただけない場合には、本製品のダウンロードを
行わないでください。お客様が本製品をダウンロードされた場合には、本使用条件にご同意いただいたものと
いたします。
なお、お客様が期待される効果を得るための許諾プログラムの選択、許諾プログラムの導入、使用および使用効果
につきましては、お客様の責任とさせていただきます。
1.期間
(1) 本使用条件は、お客様が許諾プログラムをお受け取りになった日に発効します。
(2) 弊社は、お客様が本使用条件のいずれかの条項に違反されたときは、いつにても許諾プログラムの使用権を
    終了させることができるものとします。
(3) 許諾プログラムの使用権は、お客様が許諾ソフトウェアを入手してから60日間のみ有効に存続します。
(4) 許諾プログラムの使用権が終了した場合には、本使用条件に基づくお客様のその他の権利も同時に終了する
    ものとします。お客様は、許諾プログラムの使用権の終了後直ちに許諾プログラムおよびそのすべての複製物
    を破棄するものとします。
2.使用権
(1) お客様は、許諾プログラムを「Express5800シリーズ」(以下「本製品」といいます。) においてのみ使用する
    ことができます。
(2) お客様は、前項に定める条件に従いお客様の許諾プログラムの評価目的に限り日本国内においてのみ、許諾
    プログラムを使用することができます。
(3) 許諾プログラムは本使用条件以外のオープンソースソフトウェア、フリーウェアを含む第三者ソフトウェアの
    ライセンス契約又は通知に基づきお客様に使用許諾される部分が含まれることがあります。この場合、
    本ソフトウェア製品内又は弊社の指定する箇所に記載される条件に従いかかる部分に関してのご使用条件は、
    当該ライセンス契約の条件が本使用条件よりも優先します。お客様は当該ライセンス契約の条件を削除又は
    変更することはできません。
3.著作権その他の知的財産権
許諾プログラムに係る著作権その他の知的財産権は、弊社または許諾プログラムの著作権その他の知的財産権を
保有する第三者に帰属し、許諾プログラムは、日本国、アメリカ合衆国その他適用のある国の法律により保護
されます。
4.許諾プログラムの複製、改変および結合
(1) お客様は、減失、毀損等に備える目的でのみ許諾プログラムを1部複製することができます。
(2) お客様は、許諾プログラムのすべての複製物に、許諾プログラムに付されている著作権表示およびその他の
    権利表示を付すものとします。
(3) お客様は、本使用条件で明示されている場合を除き、許諾プログラムの使用、複製、改変、結合またはその他
    の処分をすることはできません。
(4) 本使用条件は、許諾プログラムに係る著作権その他の知的財産権をお客様に移転するものではありません。
5.許諾プログラムの移転等
お客様は、許諾プログラムまたはその使用権の第三者に対する再使用許諾、譲渡、移転、またはその他の処分を
することはできません。
6.逆コンパイル等
お客様は、許諾プログラムをリバース・エンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブルすることはできません。
7.保証の制限
(1) 弊社は、許諾プログラムに関していかなる保証も行いません。許諾プログラムに関し発生する問題はお客様の
    責任および費用負担をもって処理されるものとします。
(2) 前項の規定にかかわらず、弊社が許諾プログラムを修正した場合、弊社は、かかる修正したプログラム
    (以下、これらのプログラムを「修正プログラム」といいます。)またはかかる修正に関する情報をお客様に
    提供することがあります。ただし、当該修正プログラムまたは情報をアフターサービスとして提供する決定を
    弊社がその裁量によりなした場合に限ります。お客様に提供された修正プログラムは許諾プログラムとみなします。
8.責任の制限
弊社は、いかなる場合も、お客様の逸失利益、特別な事情から生じた損害(損害発生につき弊社が予見し、または
予見し得た場合を含みます。)および第三者からお客様に対してなされた損害賠償請求に基づく損害について一切
責任を負いません。また、弊社が損害賠償責任を負う場合には、弊社の損害賠償責任は、その法律上の構成の如何を
問わず、お客様が実際にお支払いになった本製品の代金相当額を以てその上限とします。
9.その他
(1) お客様は、いかなる方法によっても本ソフトウェア製品およびその複製物を、直接、間接を問わず、日本国外へ
    輸出する場合には、外国為替および外国貿易法その他の輸出関連法令(米国輸出管理法その他の外国の輸出入
    関連法令が適用される場合は、それらの法令を含む。)を遵守するものとします。
(2) 本使用条件にかかわる紛争は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所として解決するものとします。
(3) お客様は、許諾プログラムの提供元の要求により弊社が本ソフトウェアの使用に関する監査を実施し提供元へ
    報告することに同意します。
(4) お客様がアメリカ合衆国政府との契約又はアメリカ合衆国政府向けの下請契約の履行目的で許諾プログラムを
    使用許諾される場合、お客様は、FAR 12.211及び12.212に従って、商用コンピューターソフトウェア、
    コンピューターソフトウェアドキュメント、及び商用製品の技術データが本使用条件の下で使用許諾されている
    ことに同意します。


=========================================================================================================
評価用ライセンスキーのインストール手順
=========================================================================================================

前提条件
この手順を実行するためには、iLO設定権限が必要です。

本ライセンスキーのインストール手順
1. iLO Webインターフェースにログインします。
2. [Administration]→[Licensing]ページに移動します。
3. [Activation Key]ボックスにライセンスキーを入力します。
   Tabキーを押すか、[Activation Key]ボックスのセグメントの内側をクリックして、セグメント間を移動します。
   [Activation Key]ボックスのセグメントにデータを入力すると、カーソルは自動的に次に進みます。
4. [Install]をクリックします。
   エンドユーザー使用許諾契約の確認画面が表示されます。
5. [OK] をクリックします。
   本ライセンスキーが有効になります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【改版履歴】

2017/12/26
・初版。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【商標および著作権】
本ソフトウェアの著作権は日本電気株式会社、又は開発元である第三者に帰属します。

Active Directoryは、米国およびその他の国における Microsoft Corporation の登録商標または商標です。
OpenLDAPは、OpenLDAP Foundation の登録商標です。
Kerberosは、マサチューセッツ工科大学 (MIT:Massachusetts Institute of Technology) の商標です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

Copyright NEC Corporation 2017

ページの先頭へ戻る